ファイナンシャルプランナー(FP)は、国家資格(FP技能士1〜3級)と民間資格(AFP・CFP)に分けられるそうです。相談者の生活や資産運用などを考慮した人生設計を明確にしてくれたり、相談業務とするんだとか。
しかし、難易度が高く、難しい資格でもあるようです。

自分の人生設計を考えたことがあるでしょうか?
結婚やマイホーム、出産、子供の行事など、私たちが過す一生には様々なイベントがあるため、明確な人生設計というものが必要になってくるようです。お金の収支も考えなければならないため、無計画だと老後に困ることになるかも…?

【ファイナンシャルプランナーに出来る相談業務】

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金に関するエキスパートとされています。家計に関する金銭的な知識を身に付け、暮らしのアドバイスをする人でもあるんだとか。

年々、金融に関するシステムは難しくなっており、一般の人では理解しにくいところもあるそうです。そこで必要になるのが、家計のホームドクターでもあるFPと言われています。
FPは、保険や金融、相続、不動産などで扱われる資産の運用や金融システムなどに対する高度な知識を身に付け、相談主にとって最良・最善のアドバイスをしてくれる職業とされています。

ファイナンシャルプランナーの従事先は、企業であることが多く、資産運用が行われている金融業や不動産業などが挙げられています。
また、独立することも可能となる資格であるため、個人でアドバイスを請け負っているFPも多くいるようです。

人生の設計図 - ライフプランニング

ライフプランとは、自分の人生設計を総称して呼ばれています。
学生の頃までは気にすることも少なかった人生という自分の設計図ですが、社会に出るための就職を始め、結婚・出産や住宅購入、子供の入学、退職など、様々な転機や行事が訪れるようになります。
これらの転機を実現するために、必要となるお金などへのアドバイスをしてくれるのがファイナンシャルプランナーとされています。

FPは、相談者の収入と支出を予測したライフプラン表(キャッシュフロー表)を作成するそうです。
ライフプラン表とは、未来のことを書き込んだ年表で、時期や予算を正確に表すことができるんだとか。さらに、家庭の経済状況がしっかりと表示することができ、実現するための目標が明確になるようです。

歳を取ってからじゃ遅い!? - 年金の不安

年金とは、65歳(または60歳)から取得することができる公的資金で、老後給付のことを言うそうです。
国民年金に加入していた場合は老齢基礎年金と呼ばれ、厚生年金に加入していた場合は老齢厚生年金と名称に変化があります。

国民年金を受給するためには、25年で保険料納付済期間や合算対象期間、保険料免除期間などの受給資格期間を満たすことが条件とされています。
厚生年金は、国民年金の受給資格を満たしており、厚生年金に1ヶ月以上、被保険者として加入していることが受給条件とされています。

しかし、年金の支給年齢引き上げなど取り沙汰されている現在、FPが行うリタイアメントプランニングがとても重要とされているようです。

リタイアメントプライニングとは、老後の生活(セカンドライフ)をどのようなものにしようかという設計図です。
老後に対する不安として、退職年齢まで働けるかどうかや退職金といったまとまったお金を準備することが出来るかどうかなどがあります。もし、準備できないという場合のために、退職や年金の受給が開始されるまでに毎年どの程度の金額を準備すればよいのかをアドバイスしてくれます。

ある程度のゆとりを持って老後を過したいという場合に適したプランニングとも言えるでしょう。

もしも身に危険が生じたら…? - 生命保険

保険とは、もしもの事態(事故などの危険)に備えて、一定の保険料を加入者が分担して負担する相互扶助であり、自分の生命や財産を保守するための防衛対策でもあるそうです。
保険の種類は、社会保険や産業保険を含む公営保険、生命保険や損害保険を含む民営保険に分類されるそうです。

ファイナンシャルプランナーが行う保険の見直しは、大抵ライフプランニングに含まれていることが多く、中でもFPに相談する人たちは、生命保険の見直しに関する注目が大きいようです。
FPが生命保険の見直しで注目するのは、生命保険の大きさや組み合わせ、それから種類と言われています。

生命保険の大きさは、保険金額によって異なり、支払われる保険金が低くなるほど、月の支払いは安くなるとされています。
ですが、保険の大きさが自分に適した大きさでなければ、残された家族の生活に影響が大きく出てくる場合があります。保険は大きければ良いというものではなく、月の生活費や遺族年金などから計算して、子供が成人するまでに幾ら必要になるのかを求めるそうです。
そうして算出された費用がおりる生命保険が適した大きさとされています。

自分の持ち家が欲しい! - 不動産の不安解決

ファイナンシャルプランナーは、住宅の取得や売買に関わる相談業務を行うこともできるそうです。
不動産に関する相談内容には、不動産を取得・売却するに伴って必要となる資金、不動産の相続、住宅ローン、マイホーム取得の資金調達などが多いんだとか。

このように不動産関連では大きな資産が必要となるため、不動産業の専門用語や意味、それに関係する法律が重要となるようです。
また、ライフプランニングを基礎とした住宅ローンを提案や資金計画をしてくれるとされています。

難しい税金の仕組みが分かりやすい - タックスプランニング

FPは、難しい税金の仕組みを理解し、タックスプランニングという計画を作成、相談者の悩みを解決することもFPの業務に含まれます。

タックスプランニングとは、税金の仕組みや計算などの点から計画する節税対策を言うそうです。どこかで無駄な税金を支払うことのないようにするための計画でもあるんだとか。

タックスプランニングは、繰越欠損金・繰越税金負債・税効果会計・移転価格税制などを考えて作成されるそうです。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

  • FPは豊富な知識が必要になる!

    FPは豊富な知識が必要になる!

    相談者の年収や生活を考慮した計画を作成するファイナンシャルプランナーは、お金に関する仕組みや高度な知識が必要とされるそうです。

  • お金に纏わる問題を解決!

    お金に纏わる問題を解決!

    相談者が感じる不安(老後や生命など)には、年金などのお金が含まれることも。年金や生命保険などの問題もプランニングで解決してくれます。

  • お金の動きが分かりやすくなる

    お金の動きが分かりやすくなる

    難しい年金などの知識が、FPに頼めば分かりやすい内容に早変わりです。お金の構造が知りたいのならFPに依頼するのがおススメです!

 
 

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説