専門性,FP

不動産投資

不動産投資では、アパートやマンションを購入し、他人に貸すことで安定した収入を得ることができますが、空室があったりして投資した額が必ず全て戻ってくるわけではありません。

不動産投資にも、知識やノウハウが必要なのでファイナンシャルプランナーが活躍しています。

住宅ローン

住宅購入は人生最大の買い物であり、高額なのでローンの組み方によっては、同じ金額の住宅でも100万円以上違いが出てくる事だってあるのです。

また、将来のリスクを予測しきれずに、返済が大変になってしまうこともあります。

顧客のライフプランに合ったローンの提案や、金利が変わったときの対応をアドバイスしてくれます。

保険

保険に加入しても、保険証券の見方を理解できている人は多くありません。

知り合いや会社での勧誘などで保険に加入する人が多いですが、自分自身のライフプランに合っていない保険に加入している場合が多いです。

FPはそれぞれのライフプランに合った保険を提案したり、見直したりします。

家計・ライフプラン

家計・ライフプランには多くの費用を考えなくてはいけません。
住宅ローンや出産・育児資金、教育資金、老後の資金、年金等家庭にはお金の問題がたくさんあります。

後で困ることがないように、プランを設計し、応援していきます。
家計を見直すと言っても、どうしたら良いのか、誰に相談すれば良いのかわからない人が多いです。
FPが相談相手となり手助けしていきます。

投資・運用

お金の価値は日々変化します。
インフレ(物価上昇)が起きると、今までそのお金で買えたものも買えなくなってしまいます。

ただ寝かせておくのではなく、インフレに備えてお金も増やしていかなくてはいけません。
しかし、投資・運用にはリスクが付き物ですし、知識やノウハウも必要です。

FPは、顧客のお金を増やすという目的に適した提案・手助けを行います。

税金

税金を節約することは可能です。
FPは税金対策の相談を受けることができます。
しかし、税務は税理士の独占業務であるため、業務を行うことはできません。

税金を扱うためには、税理士とつながりを持つか、税理士資格を取得しなければなりません。

相続

相続の問題とは、人生の中で何度も起こることではないと思います。
知識のない人は、相続税を払いすぎていたり、相続の手続きの知識もありません。

FPは相談にのり、手助けしていきます。
相続に深く関係のある相続税に関しては、相談に乗ることはできますが、実際に税務を行うことはFPにはできません。(税務は税理士の独占業務のため)

年金

年金の仕組みは複雑で、老後どのくらいのお金を蓄えておかなければいけないのか知識がなければわかりません。
定年にはまだ時間があっても不安を抱えている人がたくさんいます。

顧客のライフプランや資産、もらえる年金を算出したうえで、顧客の希望を聞いて豊かな老後を過ごせるように提案します。


専門分野と扱う商品

   分野

 扱う商品

不動産投資

住宅ローン

保険

家計・ライフプラン

投資・運用

税金

相続

年金

確定申告

不動産経営

 

 

 

 

 

不動産投資

 

 

 

 

 

医療保険

 

 

住宅ローン

 

 

 

がん保険

 

 

保険見直し

 

 

 

損害保険

 

先物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

為替

 

 

 

 

 

個人年金

 

 

相続税

 

遺言

 

注意しておこう!

税理士法・弁護士法により、税務は税理士の独占業務であり、法律相談は弁護士の独占業務であると定められています。

税務・法律相談はフィナンシャルプランナーは行うことができません。
これらの資格を取得するか、税理士・弁護士とつながりを持つ必要があります。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説
関連リンク