FP,AFP,CFP

FPとは何の略?

FPとはフィナンシャルプランナーのことです。
また、FP技能士とはファイナンシャルプランニング技能検定のことを指します。

このFP技能検定は国家資格で、合格すると「ファイナンシャルプランニング技能士」の称号を得られます。

AFPとは何の略?

AFPとは、日本ファイナンシャルプランナーズ協会(日本FP協会)が認定する民間資格です。

難易度は高くなく、FPとしての第一歩です。

概要

  • ・顧客に対してファイナンシャルプランニングを行うための、ライフプラン、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金等の幅広い基礎知識を有していること
  • ・顧客に対してファイナンシャルプランニングを行うための基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術、プラン実施援助のための諸知識を有している。
  • ・顧客指導、支援する上で、ファイナンシャルプランナーとして必要な経済、法律、税務の一般知識を有していること。
  • ・ファイナンシャルプランナーとして、顧客の利益を最大限に守る高い職業的倫理観を有していること。
  • ・社会的職業人にふさわしい教養、知識を有していること。

CFPとは何の略?

CFPとは、世界23カ国で組織するFPSBが認定する資格であり、日本で取得できるFP資格では最上級の資格です。

この資格を取得することは、世界で認められた水準を満たしていることであり、日本国内だけでなく国外においても業務できます。

概要

  • ・CFP資格は1992年、日本FP協会とCFPボード(アメリカ)との業務提携によりわが国へ導入されたファイナンシャルプランナーの国際認定プログラムです。
  • ・CFP資格は、FPSBのメンバーである世界の23カ国・地域のFP組織によって認定されています。
  • ・CFP資格は、4E(教育・試験・経験・倫理)と実務プロセスの指針である「6ステップ」に基づき、世界で認められた共通水準のフィナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルの証明として認定しています。
  • ・CFP資格は、日本国内では日本FP協会が世界で認められた共通水準のファイナンシャルプランニングサービスを提供できるプロフェッショナルに与えられます。
  • ・CFP認定者には、FPSBが認めた認定基準に基づいて日本FP協会が発行するCFP認定書が授与されます。
  • ・CFP資格は、フィナンシャルプランナーとして高度な知識と経験を有し、あらゆる顧客ニーズに対し適切なアドバイスとプランの提示ができ、また他のフィナンシャルプランナーの模範となる確固たる職業倫理を身につけているプロフェッショナルに与えられます。

CFP認定者はどの位いるの?

CFRR認定者はアメリカ・カナダ・日本・中国・オーストラリアの順に多く、アメリカが約半数を占めています。

日本で導入されたのは1992年と歴史は浅いですが、2009年のデータでは、日本で16,434人が認定されています。
合格率は低く、全6科目を一度に合格したのは2007年は9.1%です。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説