FP,就職

気になるFPの就職先

FP資格を取得して就職活動を行っている人は、銀行や郵便局、証券会社、不動産会社、自動車(販売)会社の就職を目指している人が多いです。
しかし、一般企業でもFP資格は重要視されていて、総務や経理を目指す人にも、人気のある資格です。

ファイナンシャルプランナーとして働きたいと思っていても、未経験の場合はFP資格を取得しているだけではファイナンシャルプランナーとしての業務に就けるかどうかわかりません。
しかし、経験を積んでいくとFP業務に就くチャンスが出てきます。

FP資格で就職は有利になる?

FP資格の認知度は高いのですが、それほど就職に有利に働くとは言えないのが現状です。

近年はFP資格に限らず、この資格があれば絶対就職出来るという資格はほとんどありません。
金融機関への就職希望者の多くがFP資格を取得しているので、最低限取得しておいたほうが良い資格であると言えます。

強いて言えば、保険会社はFP資格で有利となることがあるようです。
将来独立・開業を目指す人が経験を積むのには良いかもしれません。
日本人はお金の相談よりも保険の相談の方が需要があるのです。

また、金融機関でFP資格者の求人があっても、1級FP技能士であったり、DFP取得者であったりと高い知識を有することが求められています。

FP資格は就職するために必要というよりは就職した後でその知識が役立つと理解したほうが良いかもしれません。

金融関係の会社では、自社の商品だけでなく他社の商品知識も持ち、顧客に適した商品を勧める必要があり、ファイナンシャルプランナーの「公正・中立な立場で提案する」という考え方が求められることが多いようです。

多くの業種でFP資格の知識は活用できますし、面接や履歴書作成の際にファイナンシャルプランナーの知識が役立つこともあります。
また、FP資格を入社前に取得したというやる気は評価されるかもしれません。

FP取得者は、今後需要が伸びていく!?

資格を取得しても、1級FP技能士やCFPを取得していないとフィナンシャルプランナーとしての就職も厳しいという時代です。
また、求人のある年代も30歳代後半までというのが実情です。

しかし、FP技能士試験が開始されたのは2002年とまだ日が浅い資格です。
実際にFPの需要は伸びてきているのですが、発展途上と言えます。今後、フィナンシャルプランナーの需要が急激に伸びることも考えられます。

なぜなら、日本の不況は続いていてお金に悩む人がいるのです。
現在はフィナンシャルプランナーの理解度の低さと、日本人の相談料にお金を払う習慣が定着していないことが、フィナンシャルプランナーの需要を拡大させない要因と考えられます。

現在は「お金をかけてまでお金の相談をしたくない」という意識のある人が多いかもしれません。

しかし、徐々にお金を上手く運用する、無駄を省くために相談料は惜しくないという時代が来るかもしれません。

国際的にもFPは増えている!

CFP資格が最初に出来たのは1970年です。
アメリカで誕生し、1985年頃から多くの国々がファイナンシャルプランナーの国際的な組織である国際CFPカウンシルに加盟しました。

世界的にもファイナンシャルプランナーの歴史はまだ浅いですが、徐々にファイナンシャルプランナーの数も増え、需要も増えてきています。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説
関連リンク