独立,FP

独立系FPとして成功するためには…

独立系FPで成功している人の多くが専門とする分野があり、それをウリとしています。
ただ漠然と「お金の相談」と言っても、お客さんは相談しにくいですよね。

年金やローン、不動産等の専門分野をウリにして中立な立場で人生設計のアドバイスをしています。
どんな分野があるのでしょうか。

不動産の相談

住宅の購入はほとんどの人が初めての事であり、支払も長期になるので、返済していけるのかという不安を抱えている人が多いです。

現在の資産や収入、家族、生活スタイルなどから、これからかかってくるお金、家庭内で病気や事故等のトラブルがあった場合も想定して、適した住宅ローンのプランを提案します。

住宅の購入は、人生に一度の大きな買い物でありながら、購入したいという気持ちから、しっかり検討せずに購入してしまったり、住宅ローンについて専門家に相談することもなく決めてしまう人が多いそうです。

教育費や老後の貯蓄を削って、無理な返済とならないように、余裕をもって生活できるようにアドバイスします。

生命保険見直しの相談

「結婚したから」「社会人になったから」等の理由で生命保険に加入したものの、保険の内容をあまり理解できていない人が多いとか。
また、保険に入って安心してしまい、家族構成に変化があっても保険内容を見直さない人が多いです。

現在の収入や資産、家族構成や生活習慣を理解した上で、保障内容の見直しを行います。
必要のない特約がついている場合は外し必要な保障内容とします。
これからかかるお金を把握して、もしもの時の備えについて提案します。

資産運用の相談

資産運用と聞くとリスクばかり気にしてしまう人が多く、ただ資産を寝かせてしまっている人が多いとか。
資産の運用にはリスクも伴うことがありますので、これからの人生に必要なお金をしっかり把握した上で、運用の方法を提案します。

経済の状況など、最新の情報や運用に関する商品の知識を提供します。
また、資産をどのくらい増やしたいのかという目標を立ててもらい、実行する際にも支援していきます。

開業するには?

実際に開業している人の多くは、税理士や社会保険労務士、宅地建物取引主任者などの資格を有し、総合的にコンサルタントしている場合が多いですが、先に述べたように独立系FPは日本ではまだ認知度が低いです。

しかし、仕事のやり方等が確立されていないので、やり方次第で成功できると考えられます。

税務・法務などの独占業務に関しては、FP資格だけでは行うことが出来ませんが、税理士や弁護士とのつながりを作ることが出来れば、FP資格だけでも開業は可能です。

開業と聞くと、事務所を構えて…というイメージがありますが、インターネットを利用して相談に乗っているフィナンシャルプランナーもいます。
また、全く経験がなくて不安な人には、セミナーや講演会に参加してみると良いでしょう。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説