フィナンシャルプランナー

企業系FPと独立系FPはどう違う?

フィナンシャルプランナーは活躍の場も幅広くあり、企業系FPと独立系FPに分けられます。

それぞれどのような場で活躍しているのでしょうか。

企業系FPは自社の商品をお勧めします!

企業系FPは金融機関等で活躍しています。
金融機関等(企業)に所属し、FPとしての業務を行っています。
企業には、保険会社・証券会社・不動産会社・銀行等があります。

企業で扱うことが出来る、プラン(商品)が限られているため、最善のプランを勧めることが出来ない場合もあります。

また、企業内での個人の成績やノルマの達成のために、最善のプランを勧められない場合もあるとか。

企業系FPの業務をのぞいてみよう!

特定の分野のプランを提案する場合が多く、FPとして活躍している人よりも、企業の商品を販売するためにFPの知識や資格を役立てて活躍している人が多いです。
FP資格を所持する人のほとんどが企業系FPであり、企業の中で資格を活かしています。

企業系FPへ相談しても、相談料やフィナンシャルプランニングに対しての料金は発生しませんが、実際にそのプランに応じて商品を選択する際、その企業の商品しか選択肢がないという面もあります。

例えば、生命保険会社であれば、お客さんの資産や人生設計を聞いたうえで、無駄のないその人に最適なその会社の保険(商品)を勧めます。

不動産会社では、家を建てる際に、人生設計を理解した上での住宅ローンの組み方や、余裕のある返済を行えるように提案します。

独立系FPは公正・中立な立場で活躍!

独立系FPとは、独立して自営で活躍しているFPを言います。
独立系FPは扱うことのできるプラン(商品)が多く、お客さんに最善のプランを提供できます。

また、企業系FPでは、保険や不動産等の限られた分野でしか提案できませんが、独立系FPは幅広い分野で提案できるので、トータル的に人生設計を提案することができます。

しかし、日本では独立系FPはFP全体の数%ほどです。

独立系FPの業務をのぞいてみよう!

個人のお客さんが主となります。
個人的な資産の運用や、金融に関するプランを立て、助言します。

結婚前に、結婚後の貯蓄計画の相談を受ける場合もあります。
子供も欲しいし、マイホームも欲しい、保険にも加入しておきたいし、老後にも備えておきたい…と言った、個人のお金の相談に乗ります。

子供のためにかかる費用、マイホームの住宅ローン、自分に合った保険など、多くの企業の商品の中から選択して最善のプランを提案します。
人生設計をトータルして相談されることもあります。

また、豊かな老後を過ごすために備えたいという相談を受けて、資産の運用や保険の見直しなどのアドバイスをすることも。

FPの概要

生活をしていると誰にでもお金の問題は発生します。
「住宅を購入したいが、子供の教育費もかかり、老後の蓄えもしておきたい、万が一のために保険にも加入しておきたい…」と、目標を達成したくても多くの不安があります。

保険に入る、住宅ローンを組むと言っても、選択肢は多くあってどれが自分にとって最善なのかは、多くの専門知識を有していなければわからないものです。

また、税制が改正されたり、金融改革や年金改革、株価の上昇等日本の経済は常に変化しています。
この社会の変化にも迅速に対応する必要もあります。

フィナンシャルプランナーは多くの知識を持ち、日本経済の動きを把握しながら、その人(法人)に合った貯蓄・投資・税金・保険等のプランを立てて提案する、人生設計・お金の相談相手であり、強い見方と言えます。

フィナンシャルプランナー資格には国家資格と民間資格とがあり、国家資格を取得すると「FP技能士」の称号が与えられるため、フィナンシャルプランナーはFP技能士とも呼ばれます。

  • 【FPとして就職したい人へ】ファイナンシャルプランナーの求人は?
  • 【資格取得のための勉強法】独学・通信・通学・過去問など

    投稿がありません。

  • 【フィナンシャルプランナーの基礎知識】業務内容や年収などの基本的な知識を知ろう!
  • 【一緒にあるとメリットの多い資格】社労士・宅建・行政書士など役に立つ資格の紹介
  • 【フィナンシャルプランナーになろう!】各資格の詳細や勉強法の解説